a picture is worth a thousand words

その時思った気になる事を忘れないためにもこういう場所に書いてみたりしちゃいます。

【映画レビュー】DCスーパーヒーローズ VS 鷹の爪団【65点】

コラボでも芯を貫いた"鷹の爪"映画

・短評

鑑賞後の感想がいつもの鷹の爪映画と同じで安心する出来

 

・あらすじ

ゴッサムシティを代表するヴィランジョーカーとハーレイが鷹の爪団と接触するため日本に向かった。

一方、その情報を仕入れジャスティス・リーグの面々も日本へと向かうがバットマンジャスティス・リーグからの脱退を願い出て…。

 

・感想

11月23日にシリーズ最新作かつ、チームの始動作品である『ジャスティス・リーグ』が公開されるDC映画。

f:id:shotguuun:20171022202354p:image

そんなDC映画がまさかの鷹の爪とコラボした最新作、『DCスーパーヒーローズ VS 鷹の爪団』を初日に鑑賞してきました。

 

コラボ作品と言うのは少し不安でもありました。

相手が世界的人気シリーズであるわけですし、相手を尊重しすぎるあまり自身のスタンスを崩してしまうのでは……と思っていたのですが、今作は紛れもない"鷹の爪"映画だったのです。

 

シリーズ恒例の映画の残予算を視覚的に表示する「バジェットゲージ」も登場し、予算ネタも物語の根幹を担います。

新海誠監督や庵野秀明監督など昨年を代表する監督をネタにする展開や、異常なまでの科学力を持つレオナルド博士の発明品、島根に対しとことんまで田舎叩きをしつつも愛する展開など鷹の爪映画としての必要な要素はDCとのコラボでも忘れていませんでした。

 

もちろんスーパーマンバットマンなどのスーパーヒーローやジョーカーやハーレイなどのDC主要メンバーのキャラクタも物語のメインを担い、

人物像を外さない範囲で上手くネタにしていてコラボとしての必要要素は完全に果たしていました。

 

不満があるとすれば、鷹の爪団の映画シリーズは毎回毎回、伏線回収が驚きがある上にしっかりしている印象があったのですが、今作に関して言えば伏線回収にこれといって驚く部分はありませんでした。

順当にスーパーヒーローを活躍させなければいけないので仕方ない部分ではあるのですが、シリーズが毎回毎回伏線回収が上手かったのですこし残念だった部分でもあります。

 

一番映画の中で驚いたのはジョーカーの声優を演じた安田顕が悪役としての声優演技が非常に上手だったことです。

ジョーカーと言えば、何を考えているのかわからない悪のカリスマで声優を演じきるのは俳優には難しいのでは、と言われていたのですがびっくりするくらいジョーカーでした。

変態役が上手い安田顕ですが、まさか声優すらも上手いとは……。

 

そんなこんなで、やはり今作、鷹の爪ファンには間違いのない最新作だったと思います!

ぜひファンの方は最新作を劇場で楽しんで観てください!

【映画レビュー】アトミック・ブロンド【70点】

スパイ同士の壮絶な騙し合い 

・短評

一撃一撃が重々しい戦闘とスパイ映画らしい騙し合いが特徴

 

・あらすじ

冷戦末期、極秘情報のリストを所持した諜報員がベルリンで殺害された。

MI6はリストの奪還をロレーン(シャーリーズ・セロン)に依頼、現地にいる諜報員パーシヴァル(ジェームズ・マカヴォイ)と協力することになるがリストはKGBやCIAも狙っていて……。

 

・感想

シャーリーズ・セロンのアクション目的で初日に映画館で鑑賞。

正直、最初に予告編を観た時は「最近ジョン・ウィックの二番煎じ増えたよなー」くらいの気持ちでいましたが、その感想は映画館で裏切られることになりました。

 

まずこの映画のアクションの特徴は一撃一撃が重々しい部分にあります。

 

いくら鍛えてあるとは言え、割と細身の女性がスタイリッシュに次々と男をなぎ倒していく映画を観るとフィクション感を強く覚えてしまいます。

しかし、今作も確かに動きはスタイリッシュなのですが、フルパワーで相手を殴っているような感触が伝わってきますし、相手もタフでなかなか倒れず反撃をしてきます。

そのため、ただ倒されるだけの相手も「訓練を受けた諜報員」だと視覚的に分かると同時に主人公の強さが際立ちます。

 

一方で物語は複雑でネットでは理解出来なかったと言う感想を多く見ました。

 

とにかく登場人物の名前が多く出てくるため、1人1人の名前と所属を理解出来ていないと確かに物語が難解になってしまいますが、それぞれを理解できると騙し合いの応酬をかなり面白く感じます。

以前の『裏切りのサーカス』の記事でも書きましたが、俳優を知っているとかなりキャラを覚えやすくなるので俳優沼に入るのをオススメしちゃいます(勧誘)。

【映画レビュー】裏切りのサーカス【85点】 - a picture is worth a thousand words

ですが、少し物語の真相が分かりにくく、リストの奪還ともう一つの物語のメインであるMI6内にいる二重スパイの正体の部分はもう少し派手に演出しても良かったのでは……と思ってしました。

 

シャーリーズ・セロンをはじめとした俳優陣はどれも魅力的で、彼しかパーシヴァルを演じられないだろう、と感じさせるジェームズ・マカヴォイの演技や、

キングスマン』で義足の殺し屋を演じ話題を集めたソフィア・ブテラと主人公の絡みは官能的で印象に残ります。

 

バイオレンスで痛々しい演出も多いですが、純粋にスパイ映画としても楽しめる映画だったと思います。

【映画レビュー】サマータイムマシン・ブルース【70点】

暑すぎる夏に観たい青春タイムリープ映画

・短評

前半は多すぎる場面変更の連続でやや退屈だが終盤の怒涛の伏線回収は小気味良い

 

・あらすじ

暑い夏の日、大学のSF研究部の部室に謎の機械が現れる。
最初こそ動揺したSF研究部の面々だったが、その機械がタイムマシンだと分かるや否やすぐに悪ふざけを開始する。
しかし、部員の甲本(瑛太)は過去の改変が自分たちの未来の存在消滅の危機に関わっていると知り……。

 

・感想

名作と名高い本広克行監督の同名舞台映画化作品。
夏に観たい映画として良くあげられる作品なのですが、すっかり冷え込み始めた昨日に鑑賞しました。

 

10年ほど前に一度鑑賞している映画ではあるのですが、NETFLIXで配信が始まったので再鑑賞したのですがとにかく終盤の怒涛の伏線回収がこの映画の胆である、と言う印象でした。

 

序盤に疑問に思うことの全てに「しっかりと」かつ「分かりやすい」答えを提示しまくる今作ですが、それゆえにやや序盤に難があります。


怒涛の伏線回収が終盤に用意されているということは、怒涛の伏線用意があるわけで、序盤はとにかく会話の途中でバッサリとカットされたり、筋が通らない展開が多く訳が分からなさ過ぎておいて行かれます。

その後、物語にタイムリープの概念が加わり、展開も盛り上がり始めるのですが、やはり中盤まではSF研究部の面々がとにかくトラブルメーカーばかりでイライラさせられたりと不満点も多いです。

 

しかし、本格的に伏線の回収が始まる終盤からはとにかく小気味良く、伏線回収・伏線回収・たまに伏線を張りつつ、伏線回収と言う連続で全てのシーンが繋がっていく感覚はこう言った映画の醍醐味であると同時に今作が色々な人に支持されている理由でしょう。

 

俳優陣も個性的なキャストが多く、舞台だった時からの出演者であったり、ムロツヨシ真木よう子などのブレイク少し前の演技を楽しめたり、瑛太上野樹里などのまさにブレイク中の姿を見れたりと今観ても色々な楽しみ方が出来る映画だと思いました。

 

日本の銭湯ってなんであんなに雰囲気が良いんだろう……願わくば地元にも古くからの銭湯が今も残っていてほしかった。そう思ってしまう映画です。

【映画レビュー】神さまの言うとおり【50点】

デス・ゲームを見せようとしすぎて原作を蔑ろに?

神さまの言うとおり DVD 通常版

神さまの言うとおり DVD 通常版

 
・短評

随所随所に面白い要素はあるもののご都合主義満載の展開で台無しに

 

・あらすじ

日々に退屈を感じていた高校生の高畑瞬(福士蒼汰)の目の前で教師の頭が爆散し、死のゲームが始まった。
あまりにも理不尽かつ高難易度のゲームの前に次々と同級生たちが死亡していくなか、瞬は自身の類まれなる能力を開花していく……。

 

・感想

この作品は映画公開当初に映画館で鑑賞しているのですが、NETFLIXで作品を再鑑賞してみても最初の感想から変わりませんでした。

 

映画の世界でも漫画の世界でもデス・ゲームものは多く存在しますが、この映画の原作となった同名漫画でこの作品が他のデス・ゲームものと大きく異なって点は「それぞれの個性」だったと思います。


映画でもその「個性」はしっかりと取り上げられ、主人公の危機的状況や他人の死を見ながらもに策を張れる機転が効く部分や、洞察力の高さは映画内でも魅力的で「こけし」による「かごめかごめ」の攻略シーンあたりは大好きなシーンでした。

 

しかし、今作のヒロインにあたる秋元の「死の危機に直面すると性的興奮を覚える」と言う設定は削除されごく普通の女子高生になっていたり、その他にも重要な要素が次々と削除されごくありふれたデス・ゲームものと大して変わらない作品になっていたことがショックでした。

 

もちろん、「原作と設定を変えるな!」と言うことを言う気はありません。


原作と映画では別物だと僕は考えていますし、全くの別シナリオにした作品の中にも多くの成功作があります。

 

ですが、この作品は映画そのものとしても多くの欠点を感じます。

 

緊迫した状況下、一分一秒を争う状態なのにも関わらず普通に会話をしていて、なおかつ喋っている主人公たちは一切襲われないシーンに違和感しか覚えません。
実写版の『GANTZ』でも銃を向けたまま喋ってばかりでなかなか撃たないシーンが多くイライラしたり、原作のセリフをそのまま持ってきて映像化してはいけないと言う悪い見本を見ているかのようでした。

 

その他にも、オリジナルゲームが純粋に面白くないし(シロクマに関してはなぜ天谷が謎に最初から気が付いていたのか説明不足)、原作の要素を説明も無しに物語のキーにするし、その上続編ありきな終わりかた、とあまり好印象になれる部分が少なかったです。

 

しかし、神木隆之介の演じるサイコパスの天谷だけはかなり良かったです。


映画オリジナルゲーム「カンケリ」では天谷らしいスタイリッシュな缶の取り方で他を圧倒するシーンは思わず格好良く感じましたし、原作とは方向性が違いますが天谷の歪んだ人間性と狡猾さを神木隆之介が表現していました。

 

と、そんなこんなであまり好きではない実写化作品ですが、何か「惜しい」部分を色々と感じる作品でした。

【海外ドラマ】BLACK MIRROR シーズン1 最終話「人生の軌跡のすべて(The Entire History of You)」

技術の進歩が生み出す、信じる心の欠如

f:id:shotguuun:20171018194037j:image
・あらすじ

全ての人に記憶を保存するチップが埋め込まれ、観たい記憶をいつでも再生することが出来る便利な社会になっていた。
ある日、会社経営の再編により失職の憂き目にあっている弁護士のリアムは妻の友人のパーティに出席する。
しかし、一足早く着いていた妻とかつての友人だと言う男のジョナスの仲に不満を覚えたリアムは……。

 

・感想

ついに、海外SFドラマ『BLACK MIRROR』のシーズン1を鑑賞し終えました。
と言っても3話しかないのですが「海外版世にも奇妙な物語」と言われるこのシリーズは兎にも角にもバッドエンドや鬱要素ばかりなので3話でも充分に精神的ダメージを負えます。


しかし、僕が本当に見たいのはシーズン3の最終話「殺意の追跡」なので、少し一落ち着きしたらシーズン2以降も見て行こうと思います。

 

さて、今話の感想ですが心配性や不安症などの人にこそ見て欲しい話だと感じました。

 

僕自身もかなりその気はあるのですが、かなり色々な部分で過剰に心配したり不安になったりしてしまいますが、
ほぼ全ての場面できっちりとその不安が解消されるわけではなく、結局は何かしらの情報や相手を信じたり、妥協する道を選ばざるを得ません。

 

ですが、今話で描かれている社会のように、記憶を保存するチップを埋め込まれそれをいつでも再生出来るようになったら、自分が見聞きした情報をいつでも再生できるのですから、その不安も解消される……わけではありません。
むしろ今話の主人公リアムのように、不安に感じた部分を何度も再生し自分の不安を裏付ける要素を見つけ出し、その症状はどんどん強まって行くでしょう。

 

劇中ではチップを盗られたら、逆に人生が晴れやかになったと言う人物も登場します。
現実でもスマホを持たなくなったら人生が快適になった、と言う同じような意見も聞きますし、結局のところ技術の進歩による生活の利便性は人間の自由を拘束する最たるものになってしまうのかもしれません。

 

と、現実とかの繋がりはこのくらいにして、最終話はとにかく序盤の主人公になかなか共感できません。
奥さんが元カレと話していたくらいでヒステリックになっていくリアムにややドン引きすらしてしまい、不安症を発現させている自分を見せられているかのような嫌悪感もわいてきます。

しかし、終盤ではやはりこの『BLACK MIRROR』らしい展開が用意されていて、主人公の心に共感してしまい泣きそうになります。

 

シーズン1しかまだ観ていないですが、本当に技術の進歩の裏にある人間性の欠如ばかりを見せられ、反吐が出そうなのですが面白い、本当に良いドラマです……。

【海外ドラマ】BLACK MIRROR シーズン1 第2話「1500万メリット(15 Million Merits)」

何もかもが完全に管理された世界、「本物」を求める青年の反抗の先は……

f:id:shotguuun:20171017181029j:image
・あらすじ

近未来、人々の暮らしは技術の進歩により驚くほどの変貌を遂げ、人々の労働と言えば日々の生活を潤わせる機械の動力をエアロバイクで一日中生産すると言う単調なものだった。
亡くなった兄から1500万ものポイント(半年の労働相当)を受け継いだビングは変わり映えの無い毎日に飽き飽きとしていた。
しかし、ある日トイレでのちょっとした出来事からアビと言う女性の歌声に心を動かされたビングはオーディションへの参加券を彼女のために購入する……。

 

・短評

昨日に引き続き、海外SFドラマ『BLACK MIRROR』の感想です。
第2話は、現代が舞台で進んだ技術もほとんど登場しなかった前話とは打って変わって進んだ技術のなか、娯楽も何もかもを管理される未来、俗に言う「ディストピア」が舞台となっていました。

 

この『BLACK MIRROR』、やはり凄いドラマです。
第1話では現代を舞台に今も巷に溢れている人間の下劣さを描き、自分たちの危うさを鑑賞者に嫌と言うほど見せつけてきたのですが、
第2話では完全なシステムを手に入れても変わることのない人間性を、日々の暮らしに飽き飽きとする黒人青年の目から訴えかけてきました。

 

今回の設定で秀逸だと思ったのは「太った人たちの扱い」です。

 

詳しい説明はないのですが、今回の世界観では、恐らく一部の富豪層や娯楽を提供する人以外の人の仕事は「エアロバイクで電力を発電すること」です。
そのため体力の問題や日々の食事の影響で太ってしまい、エアロバイクをこげなくなってしまった人はゴミ拾いをさせられたり、有料で配信されているテレビで水浴びせられ服を破られ笑いものにされたり、システムが配信しているゲームで殺される役となったりとシステム公認で虐げられます。
労働の出来ない人間は虐げられ、労働者であっても一部の富裕層以外は得をしない、完全なシステム管理の世界でありながら理想郷とは言えない社会の構造が設定1つで分かる秀逸なものでした。

 

物語展開としては完全管理の世界に違和感を覚える青年がある女性とのやりとりを経て世界に反抗する、と言うディストピアを描いた映画にはいくらでもあるような設定なのですが、

その見せ方が明らかに他の映画と違っていて、先に記載したように1つ1つの要素が綺麗な世界の下劣さを演出していたり、

「主人公のとある判断」は明らかに間違っているのにその判断を後押ししたくなったりととにかく感情移入のさせ方が圧倒的に上手いのです。

 

シーズン1は次の回で最終章。

正直言って胸糞悪くなるような展開ばかりなのですが、最終章がかなり楽しみです。

【海外ドラマ】BLACK MIRROR シーズン1 第1話「国歌(National Anthem)」

インターネットの発展は未来を希望に導くのか

f:id:shotguuun:20171016190837j:image

・あらすじ

イギリス公爵夫人が何者かに誘拐された。
首相官邸に届けられ、動画サイトにも公開された人質の解放条件は「首相が豚と性行為を行い、それを全国に生中継すること」だった、
ボランティアにも熱心に取り組み、世界的な人気も高いスザンナ妃を救い出すため英国首相は奮闘するがやがて期限は迫り……。

 

・感想

NETFLIXが製作を依頼し、NETFLIXにて公開されたSFドラマ『ブラックミラー』。
いつもならばドラマの感想は1シーズンを全て見終わってからまとめて書くのですが、このドラマは星新一の小説のようにそれぞれの話が時代背景も登場人物も設定もバラバラなアンソロジーのようなドラマなので、一話一話の感想を見終わり次第ブログに書いて行こうと思います。

 

ディストピア攻殻機動隊のような世界観の話がある、と聞き楽しみにして見始めたこのドラマですが、意外にも第一話は現代が舞台となり、またオーバーなテクノロジーは一切登場しません。
それどころか、第一話では恐ろしくリアルなそれこそ監督の言にもある「私たちが生きるであろう10分後を表している」にふさわしい下衆な暴走が描かれていました。

 

SNSの流行による守秘義務の欠如、人命よりも他局との数字争いやスクープを優先し暴走するマスメディア、不謹慎なことや与えられた情報のみを鵜呑みにした末の炎上を楽しむ人民。
それぞれの現代にありふれた光景が重なりあうことで起きる悲劇が皮肉たっぷりに描かれていて、正直精神的にちょっとキツくなるほどに痛々しく感じました。

 

今回のテーマは「SNSやインターネットの発展により明らかになった人のゲスさ」がメインになっていたと思われ、首相以外の登場人物はほとんど下衆ばかり。


荒廃した世界のような迎えたくない近未来設定と違い、こちらの近未来はもう迎えてしまっているが引き金だけが引かれていない近未来でこの話を第一話に持ってきたと言うことはこれこそが『ブラックミラー』の真髄なのでしょう。

 

一話目から精神的な揺さぶりが物凄いですが、次の話も楽しみに観て行こうと思います。